とても便利な風呂敷

風呂敷に関する知識

風呂敷の魅力の部分

学習教材にもいろいろな種類がある

トップ  絹素材のふろしき  着物  家紋入り風呂敷  女性の着物の柄や風呂敷  唐草模様  防水効果の風呂敷ってあるの?  おしゃれでエコなふろしき
  明治時代  風呂敷の素材  風呂敷七変化  風呂敷を買う  「見立てる」表現  包み方ガイド  サスティナブルな生活雑貨  風呂敷でエコ活動  緊急時の応急処置に  環境の日と風呂敷  学習教材としての風呂敷  sitemap

日本の歴史を学ぶ中で、風呂敷と言うものは比較的よく出てきます。
例えば明治時代の時代劇などでは、風呂敷に何かを包んで歩いている女性などが目立つでしょう。


実際に当時から使われていただけでなく、さらに歴史が遡り、この風呂敷と言うのは
江戸時代よりも前から使われていたことが想定できます。


昔は紙袋やビニール袋などが存在しなかったため、それに代用するものを作らなければなりませんでした。
もちろんビニール袋といった概念もありませんので、代用するのとは少し違うかもしれませんが、
いずれにしても何かを持ち運ぶときにはその入れ物が必要だったわけです。

持ち運びのツール


買っておいて木箱などの重たい必需品などを用いても、運ぶのがなかなか大変になってしまうわけです。


そこで布製品として、風呂敷を使うにいたりました。これはもともと風呂敷と言うものを作ったと言うよりも、
布を結んでいるものがわりにしたことが始まりと言われており、当時は粗末なものが多かったと言えるでしょう。


しかし時代の経過とともに風呂敷の形も変わり、美しいデザインのものが用いられるようになりました。
現代では、その美しさから世界にも評価されている部分もあり、非常に魅力的といえます。

 

どのように学習材料として利用するのか

学校で学習調剤として風呂敷を利用する場合、一体どのように利用するのか気になるところです。
基本的に教材といっても社会の時間に使われるものが多く、それ以外ではあまり使い道がありません。


例えば小学校5年生位で学校歴史の勉強するとします。
この歴史の中で、実際に昔の人、つまり江戸時代や明治時代の人が
どのように物を運んでいたかなどを考えると、やはり庶民の間では
このようなものが流行っていたと言うことがわかるわけです。

歴史上での風呂敷の用途


そして何より現代でも売られているものであり、昔ほどは身近ではなくなったものの、
いつでもお店で購入しようと思えば購入できるものです。


今では限定的に利用されるようになり、例えば法事などで使われるケースなども少なくありません。
普段利用しない人でも、そのような時に利用することがあるわけです。


それ以外にも、色々と使われるわけですが、教材として妥当なのはやはりその軽さ
あるいは入手のしやすさかもしれません。そして、布製品であればどのようにでも
代用することができるのは魅力的といえます。


ある程度の大きささえあれば、荷物を入れて運ぶのも決して難しくはないでしょう。
このように、日本人ならば自分たちの歴史を振り返る時が必要かもしれません。